ほくろ除去の申し込み【ほくろなしでキラキラライフを送ろう】

女性

より美しい顔を手に入れる

顔を触る人

視線が気になる、目立つのが嫌などほくろに対して嫌悪感を持っている人もいるでしょう。美容整形であれば大きなほくろでも簡単に除去できますし、小さなほくろであればレーザーなどを使って短い時間で取り去ることも可能です。

美容整形で取り除く方法

顔を触る人

2つの治療法がある

ほくろを取り除く方法はいくつかあります。大きく分けると2種類、切る方法と切らない方法です。切る方法の中の一つが「くり抜き法」です。その名前の通りほくろをメスや専用の器具を使ってくり抜きます。くり抜いた後は巾着の口を閉めるように傷口を縫合します。シンプルな施術方法ですが、ほくろが大きくても5?6ミリまでで、かつ膨らみのないものだけに適したやり方です。それ以上の大きなものや膨らんだものに対しては「切除縫合法」が行われます。切り取って縫い合わせる方法ですから、一見くり抜き法と同じような印象ですが、細胞を根こそぎ取り除く必要がある為ほくろの3倍程の大きさで切除し、縫合します。一方の切らない方法とはレーザー治療の事です。少し前までレーザーは手軽だが何回か治療をしないと消えないというイメージを持たれていましたが、現在のスイッチヤグレーザーはメラニン色素のみを確実に破壊する事が出来ます。そのため、比較的小さくて盛り上がりのないものは1度の施術で取り除けるのです。他には炭酸ガスレーザーもあります。こちらは削り取るイメージの治療方法ですので、盛り上がりのある目立つほくろの除去にも適しています。切る方法は縫合も行うため、しばらく糸が残っていたり腫れたりと術後のダウンタイムが長めになります。しかし、人の手で確実に取り除けるため確実性が高く安心できるメリットがあります。一方のレーザー治療は再発の可能性があるものの、傷跡が目立ちにくい事や痛みが少ない事、ダウンタイムが短い事などのメリットがあります。気になるほくろを取り除きたいと考えた時、最初に悩むことはおそらく「何科に行けば良いのか」という事ではないでしょうか。術後もっとも綺麗な状態を作れるのは美容医療のプロである美容整形クリニックです。通常の病院との違いはとにかく美容を目的としている点です。せっかくほくろを取り除いても、その場所がクレーターのようにへこんだり目立つ傷跡が残ったりしてしまっては意味がありません。美容整形では術後の瘢痕にまで着手します。例えば、その一つが「湿潤療法」です。ひと昔前まで、傷口はあえて乾燥させてかさぶたになるのを待つのが主流でしたが、今はその逆です。乾燥させないように傷口を覆い、自然治癒能力を高めるのです。今は市販薬でもそのような絆創膏が販売されていますが、美容クリニックでも術後用に塗り薬ではなく湿潤療法の為の絆創膏やテープが処方される事があります。また、美容整形を受ける場合には費用面も気になるポイントです。美容整形は自費診療となる為、とても高額になるのではと考えられますが実はそうでもないのです。通常の保険診療を受ける場合、手術代以外に初診料や処方料、切除したほくろを病理検査に出す場合はその料金もかかります。また、術後の経過検診が必要になる場合は再診料などが必要です。全て合わせれば医療費3割負担の人でも1万?2万円かかると考えれば良いでしょう。一方の美容整形で行うレーザー治療は、ほくろの大きさによって金額が変わりますが3ミリ以下の小さいものであれば数千円、それ以上の大きいもので1万円?が相場です。美容クリニックでは初診料などがかからずカウンセリングは無料で受けられる場合も多いので、さほど料金が変わらない可能性が高いのです。

除去した方がいいケース

カウンセリング

レーザーを使ったほくろ除去方法は、跡が残りにくく痛みの少ない方法として支持されています。麻酔の種類も選べますから、痛みに弱い人は医師に相談するとよいでしょう。また、レーザー治療後は、紫外線を浴びないように気をつけましょう。

気になる部分を治すには

ウーマン

ほくろがコンプレックスとなる人は男女問わずいます。美容外科クリニックで施術を受けることで除去することができ、駅ビルなどにもあるため空いた時間に施術を受けられます。クリニックによってサービス内容が違うため、確認して利用することをお勧めします。